スポンサードリンク



2008年04月09日

腰痛体操にインターロック運動


腰痛にも効く、からだのバランス感覚を養う
インターロック運動。

肩こりにもいいらしい。

インターロック運動って、体の芯も部分の鍛える運動で、
筋トレみたいに苦しくないところがいいんです。

最近、デスクワークばかりで、若いけれど、腰痛もち、肩こりもちのサラリーマンや、学生にも、とても効果的らしいよ。

インターロック運動で、しなやかで健康なからだを作りましょう

子供からお年寄りまで、親しんでできるインターロック運動って、
いいよね。

最近の子供も塾通いが多くて、腰痛もちもけっこういるみたいだし、
運動しなくちゃ。

普段から、ちょっとした時間があったら、からだを動かしましょう。



夫婦仲検定
posted by インターロック at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターロック運動

ダンサー七類誠一郎ってどんな人?


七類誠一郎って、世界的に有名なダンサーなんだって!!

すごいね!日本人が、世界で誇れるダンサーになるってすごいことじゃない!!

アメリカで有名な人らしいよ。

七類誠一郎は、トニーティーといい、26歳でアメリカにわたって、
黒人のリズム感を徹底的に研究して、その法則を、
系統だて、普遍的な『パルスリズム』というものを、
確率した人なんだって。
大学院で運動生理学を習得している七類誠一郎だからこそ、
できたものなんでしょうね。

音楽が生活のなかに根付いていない、リズム感の中でも生活をしたことのない日本人として、育っていながら、黒人のからだのリズム感に
着眼して、それを法則化して、そのリズムを身につけるための運動として、インターロック運動というものを、開発したのが、七類誠一郎なんだって。

さまざまな分野で世界で活躍している日本人だけれど、
ダンスという、それも黒人のリズム感という全く違った分野で、
世界的な有名なダンサーになるなんて、
これも、ある意味、日本人の性格的な勤勉さが、ものをいったのかしら。

ますます七類誠一郎には、活躍してほしいな。

人間の体力(身体行動能力)は、筋力(運動を起こす力)、持久力(運動を維持する力)、調整力(運動を調整する力、柔軟性・巧緻性・敏捷性・平衡性)の3つの要素に分類できるが、そのすべてにパルスリズムトレーニングが有効である。と、七類誠一郎は著書で語っているんだけど、全ての競技のトレーニングのきそとなるなんて、すごいですよね。

さまざまなところで、七類誠一郎のインターロック運動は、活躍しそうですね。



posted by インターロック at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 七類誠一郎

リズムで踊ろうインターロック運動

七類誠一郎のインターロック運動って、
もともと黒人のリズム感を体で感じるものなんだって。



黒人のリズム感をベースにダンス!ダンス!ダンス!
楽しいかもね。
黒人って、音楽を体で感じて、楽しんでいるのが、とてもよくわかる。
日本人には、みられない動きだものね。

インターロックトレーニング法は、
七類誠一郎が開発したリズム感養成法で、
インターロックとは体幹運動という意味なんですよ。


黒人のリズム感から、得たことは、
体幹の運動によってさまざまな体の動きがなされることが
わかったんですね。
それって、音楽を体で感じること、
音楽と身体の動き、すなわちダンスによって
身に着けやすくなるそうです。


七類誠一郎が開発したリズム感養成法、「インターロックトレーニング」
今までとは違う身体の感覚でダンスをします。


基本は7つの体幹往復運動なんですって。、

運動を音楽の拍子に合わせて行うことで、
音楽の拍の持つ躍動的なリズムを体で覚えていくんです。


これらの体得したインターロックの動きは実践におけるダンスやスポーツの動きにも、リズミカルでダイナミックな動きを生み出すことができ、さまざまな運動の基本となっているようですね。

ダンステクニックだけでなく、子どもたちの「運動センス」も引き出してくれる素晴らしいものですね。


子供からお年寄りまで、だれでも、リズムに添って楽しみながら、
健康にもなるすばらしいインターロック運動みたい!

posted by インターロック at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターロック運動
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。